福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     3月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
エッフェル塔の日
きょうの誕生花
浜簪(はまかんざし)
きょうの誕生日・出来事
1970年 宮迫博之 (芸人)
  3月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
百七十歳の九尾キツネ
きょうの世界昔話
シンデレラ
きょうの日本民話
おならで飛んだ石うす
きょうのイソップ童話
アリとキリギリス
きょうの江戸小話
ちょっとお借りします
きょうの百物語
鐘を鳴らした山鳥
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 3月の世界昔話 > シンデレラ

3月31日の世界の昔話

義理の姉とシンデレラ
イラスト sai-sai  運営サイト sai-sai「イラスト」「コミック」

シンデレラ
ペローの童話 → ペローの童話の詳細
シンデレラのぬりえ

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
赤い靴の折り紙はいひーる カボチャの折り紙かぼちゃ

♪音声配信(html5)
朗読者:ステ♪「http://sute.tabigeinin.com/

 むかしむかし、とても美しくてやさしい娘がいました。
 でも悲しい事に、娘のお母さんは早くになくなってしまいました。
 そこでお父さんが二度目の結婚をしたので、娘には新しいお母さんと二人のお姉さんが出来ました。
 ところがこの人たちは、そろいもそろって大変な意地悪だったのです。
 新しいお母さんは、自分の二人の娘よりもきれいな娘が気に入りません。
「まあ、あんたは何て、にくらしい娘でしょう」
 お母さんと二人のお姉さんは、つらい仕事をみんな娘に押しつけました。
 それに娘の寝るふとんは、そまつなわらぶとんで、娘の着る服はボロボロのつぎ当てだらけです。
 お風呂に入る事も許してもらえず、娘の頭にはいつもかまどの灰が付いていました。
 そこで三人は娘の事を、『灰をかぶっている』と言う意味のシンデレラと呼んだのです。
 可愛そうなシンデレラでしたが、それでもシンデレラの美しさは、お姉さんたちの何倍も何倍も上でした。

 ある日の事、お城の王子さまがお嫁さん選びの舞踏会(ぶとうかい)を開く事になり、シンデレラのお姉さんたちにも招待状が届きました。
「もしかすると、王子さまのお嫁さんになれるかも」
「いいえ、もしかするとじゃなくて、必ずお嫁さんになるのよ」
 二人のお姉さんたちとお母さんは、大はしゃぎです。
 そんなお姉さんたちの仕度を手伝ったシンデレラは、お姉さんたちをニッコリ笑って送り出しました。
 それからシンデレラは悲しくなって、シクシクと泣き出しました。
「ああ、わたしも舞踏会に行きたいわ。王子さまに、お会いしたいわ」
 でも、シンデレラのボロボロの服では、舞踏会どころかお城に入る事も許されません。
 その時、どこからか声がしました。
「泣くのはおよし、シンデレラ」

魔法使いのおばあさん

「・・・? だれ?」
 するとシンデレラの目の前に、妖精(ようせい)のおばあさんが現れました。
「シンデレラ、お前はいつも仕事をがんばる、とても良い子ですね。
 そのごほうびに、わたしが舞踏会へ行かせてあげましょう」
「本当に?」
「ええ、本当ですよ。ではまず、シンデレラ、畑でカボチャを取っておいで」
 シンデレラが畑からカボチャを取ってくると、妖精はそのカボチャを魔法のつえで叩きました。
 するとそのカボチャがどんどん大きくなり、何と黄金の馬車(ばしゃ)になったではありませんか。
「まあ、立派な馬車。すてき」
「まだまだ、魔法はこれからよ。
 さてっと、馬車を引くには、馬が必要ね。
 その馬は、どこにいるのかしら?
 ・・・ああ、ネズミ捕りには、ハツカネズミが六匹ね」
 妖精はネズミ捕りからハツカネズミを取り出すと、魔法のつえでハツカネズミにさわりました。
 するとハツカネズミはみるみるうちに、立派な白馬になりました。
 別のネズミ捕りには、大きな灰色ネズミが一匹いました。
「このネズミは・・・」
 妖精が魔法のつえで灰色のネズミをさわると、今度は立派なおひげをした太っちょ御者(ぎょしゃ→馬車を操る人)に早変わりです。
「シンデレラ、次はトカゲを六匹集めておくれ」
「はい」
 シンデレラが集めたトカゲは、魔法のつえでお供の人になりました。
「ほらね。馬車に、白馬に、御者に、お供。
 さあシンデレラ、これで舞踏会に行く仕度が出来たわよ」
「うれしい。ありがとう。・・・でも、こんなドレスじゃ」
「うん? あらあら、忘れていたわ」

シンデレラ 変身

 妖精が魔法のつえを一振りすると、みすぼらしい服は、たちまち輝く様な純白の美しいドレスに変わりました。
 そして妖精は、小さくて素敵なガラスのクツもくれました。
「さあ、楽しんでおいでシンデレラ。
 でも、わたしの魔法は十二時までしか続かないから、それを忘れないでね」
「はい、行ってきます」

 さて、お城の大広間にシンデレラが現れると、そのあまりの美しさに、あたりはシーンと静まりました。
 それに気づいた王子さまが、シンデレラの前に進み出ました。
「ぼくと、踊っていただけませんか?」
 シンデレラは、ダンスがとても上手でした。

王子様とダンス

 王子はひとときも、シンデレラの手を離しません。
 楽しい時間は、あっという間に過ぎて、ハッと気がつくと十二時十五分前です。
「あっ、いけない。・・・おやすみなさい、王子さま」
 シンデレラはていねいにおじぎをすると、急いで大広間を出て行きました。
 ですが、あわてたひょうしにガラスのクツが階段にひっかかって、ガラスのクツがぬげてしまいました。
 十二時まで、あと五分です。
 カラスのクツを、取りに戻る時間がありません。

王子様とダンス

  シンデレラは待っていた馬車に飛び乗ると、急いで家へ帰りました。
 シンデレラの後を追ってきた王子さまは、落ちていたガラスのクツを拾うと王さまに言いました。
「ぼくは、このガラスのクツの持ち主の娘と結婚します」

 次の日から、お城の使いが国中を駆け回り、手がかりのガラスのクツが足にぴったり合う女の人を探しました。
 お城の使いは、シンデレラの家にもやって来ました。
「さあ娘たち。このクツが足に入れば、あなたたちは王子さまのお嫁さんよ」
「はい。お母さま」
 二人のお姉さんたちは小さなガラスのクツに足をギュウギュウと押し込みましたが、どう頑張ってもガラスのクツは入りません。
「残念ながら、この家には昨日の娘はいないようだな」
 そう言って、お城の使いが帰ろうとした時、シンデレラが現れて言いました。
「わたしもはいてみて、いいでしょうか?」
 それを聞いた二人のお姉さんたちは、大笑いしました。
「何をバカな事を言っているの」
「そうよ、あたしたちにも入らないのに、あんたなんかに、・・・あっ!」

王子様とダンス

 シンデレラがはいてみると、ガラスのクツはピッタリです。
 みんなは驚きのあまり、口もきけません。
 するとそこへ、あの妖精が現れました。
「あらあら、わたしの出番ね」
 妖精が魔法つえを一振りすると、シンデレラはたちまちまぶしいほど美しいお姫さまになっていました。
「あっ、あのシンデレラが?!」
 お母さんと二人のお姉さんたちは、ヘナヘナと腰を抜かしてしまいました。
 それからシンデレラは王子さまと結婚して、いつまでも幸せに暮らしました。

おしまい

 → フルバージョン 「シンデレラ」

前のページへ戻る

きょうの世界昔話
ミニカレンダー
<<  3月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識