童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話
     3月21日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
放送記念日
きょうの誕生花
連翹(れんぎょう)
きょうの誕生日・出来事
1977年 松本リカ (タレント)
  3月22日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
まゆにつば
きょうの世界昔話
オオカミになった弟
きょうの日本民話
天に昇りそこねた亀たち
きょうのイソップ童話
オオカミとヒツジ飼い
きょうの江戸小話
剣術指南
きょうの百物語
タヌキ屋敷
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 3月の世界昔話 > オオカミになった弟

3月22日の世界の昔話

オオカミになった弟

オオカミになった弟
アメリカの昔話 → アメリカの国情報

 むかしむかし、静かな森の中で、インディアンの一家が暮らしていました。
 お父さんとお母さん、そして子どもが三人の五人家族です。
  ある日、お父さんとお母さんは重い病気にかかってしまいました。
  お父さんは家族を呼ぶと、こう言いました。
「お前たちを残していくのはつらいが、これは仕方がない。
 さて、よく聞いておくれ。
 上の二人はもう大きいから心配ないが、末の男の子はまだ小さい。
 どうか上の二人は末の子を見捨てないで、ちゃんとめんどうをみてやってほしい。
 いいね、頼んだよ」
「はい。ちゃんとめんどうをみます」
  上の息子と二番目の娘はお父さんの手を固く握りしめると、しっかりと返事をしました。
  それを見たお父さんとお母さんは、安心して息をひきとりました。

 残された三人はそれから仲良く暮らしましたが、冬が過ぎて暖かい春がやって来ると、上の息子は妹に言いました。
「ちょっと、町へ出稼ぎに行ってくるよ。しばらくの間、弟のめんどうをみていてくれ」
「うん。でも、すぐに帰って来てね。
 お父さんとお母さんがなくなる時に、二人で弟のめんどうをみると約束したんだから」
「わかってるよ」
  上の息子は家を出て行くと、それっきり帰って来ませんでした。

 一年が過ぎて、また次の春が来ました。
  娘は、小さな弟に言いました。
「食べ物をたくさん用意したから、お腹が空いたら食べなさい。
 わたしは、町へ兄さんを探しに行ってくるわ」
  娘が町へ行ってみると、兄さんは町で結婚して幸せに暮らしていました。
  そして娘も町で好きな人が出来て、町で結婚して暮らしました。

  一人残された小さな弟は、食べる物がなくなると外へ出て、木の実や魚をとって食べました。
  やがて、寒い冬になりました。
  お腹がペコペコになった小さな弟は、寒さに震えながら森の中を歩き回っているうちに、オオカミの住むほら穴にたどりつきました。
  ほら穴では、子どものオオカミが体を寄せ合って眠っていました。
  疲れ切っていた小さな弟は、子どものオオカミたちと一緒に寝てしまいました。
  しばらくして、小さな弟がふと目を覚ますと、母オオカミがやさしい目で小さな弟を見つめていました。

  それから冬が過ぎて、また春がやってきました。
  上の息子と二番目の娘は、二人で小さな弟の様子を見に行きました。
「あの子、どうしているかしら?」
「さあ、たぶん死んでしまったんじゃないかな?」
「そうね」
 二人は住んでいた家に行ってみましたが、弟の姿はありません。
 そこであきらめて町に帰ろうとすると、森の中から突然、オオカミによく似たけものの様な男の子が飛び出してきました。
「あっ、あの子だわ!」
「本当だ! 生きていたんだ!」
  二人が叫ぶと、小さな弟は、
「ウォーーン!」
と、オオカミにそっくりな鳴き声をあげて、森の奥に消えてしまいました。
 そしてそれっきり、姿を現しませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


きょうの世界昔話
ミニカレンダー
<<  3月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識