366日への旅> 今日は何の日 366日への旅 記念日編 366日への旅
     7月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
七夕(たなばた)
きょうの誕生花
アベリア(Abelia)
きょうの誕生日・出来事
1964年 堤真一(俳優)
恋の誕生日占い
恋に一途で、隠し事が嫌いな正直者
なぞなぞ小学校
味噌汁に入っている亀は?
あこがれの職業紹介
高等学校教諭
恋の魔法とおまじない 189
男の子の心をつかむおまじない
  7月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
イヌ飼い七夕
きょうの世界昔話
七夕物語
きょうの日本民話
七夕さんの始まり
きょうのイソップ童話
白鳥と主人
きょうの江戸小話
風鳥
きょうの百物語
母親に化けたネコ
 


366日への旅> 今日は何の日 > 7月の記念日 > 七夕

7月7日 七夕

7月7日 七夕

 七夕(たなばた)とは、もともと旧暦7月7日に行う星祭りで、現在は新暦の7月7日や月遅れの8月7日におこなう所があります。
 わし座の牽牛(けんぎゅう)星と、こと座の織女星が旧暦の7月7日の夜(七夕)に出会う伝説は中国で生まれたものです。
 一般的に織女星はベガとよばれ、牽牛星はアルタイルとよばれています。
 もとの七夕物語は中国のお話しですが、しかし日本には、それよりも前に、棚機つ女(たなばたつめ)の乙棚機(おとたなばた)の信仰があり、それが牽牛と織女の伝説と習合しました。

 姉妹サイトの福娘童話集には、六つの七夕物語を掲載しています。

→ 七夕特集ページ


記念日アニメ
七夕

七夕にまつわる昔話
 


七夕物語
中国の昔話 → 中国の国情報

イラスト版   えほん版

 夜空に輝く天の川のそばに、天の神さまが住んでいます。
 天の神さまには一人の娘がいて、名前を、織姫(おりひめ)といいます。
 織姫ははたをおって、神さまたちの着物をつくる仕事をしていました。

 さて、織姫が年頃になったので、天の神さまは娘にお婿(むこ)さんを迎えてやろうと思いました。
 そして色々探して見つけたのが、天の川の岸で天のウシを飼っている、彦星(ひこぼし)という若者です。
 この彦星は、とてもよく働く立派な若者です。
 そして織姫も、とてもやさしくて美しい娘です。
 二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。
 二人はすぐに結婚して、楽しい生活を送るようになりました。

 でも、仲が良すぎるのも困りもので、二人は仕事を忘れて遊んでばかりいるようになったのです。
「織姫さまがはたおりをしないので、みんなの着物が古くてボロボロです。はやく新しい着物をつくるように言ってください」
「彦星がウシの世話をしないので、ウシたちが病気になってしまいました」
 天の神さまに、みんなが文句を言いに来るようになりました。
 天の神さまは、すっかり怒ってしまい、
「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい!」
と、織姫と彦星を別れ別れにしたのです。

 でも、天の神さまは、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、こう言いました。
「娘や。一年に一度だけ、七月七日の夜だけは、彦星と会ってもよろしい」
 それから織姫は、一年に一度会える日だけを楽しみにして、毎日一生懸命に機をおるのです。
 天の川の向こうの彦星も、その日を楽しみに天のウシを飼う仕事にせいを出しました。

 そして、待ちに待った七月七日の夜。
 織姫は天の川を渡って、彦星のところへ会いに行くのです。
 しかし雨が降ると天の川の水かさが増えるため、織姫は川を渡る事が出来ません。
 でも大丈夫、そんな時はどこからともなくカササギと言う鳥が飛んで来て、天の川に橋をかけてくれると言う事です。

 さあ、あなたも夜空を見上げて、二人の再会を祝福してあげてください。

おしまい



犬飼い七夕(4kHD)

イラスト版   えほん版

 むかしむかし、あるところに、一人の犬飼いがいました。
 犬飼いとは、狩りで使う猟犬を育てる仕事です。

 ある日の事、犬飼いがお気に入りの犬を連れて池のそばを通ると、犬が急に吠え出したのです。
「こら、いったいどうした? ・・・あっ!」
 見ると、美しい娘が池で水浴びをしているではありませんか。
「こんな美しい娘、今まで見たことがない。
 あれはきっと、うわさに聞いた天女(てんにょ)だな。
 天女なら、きっとどこかに羽衣(はごろも)を脱いでいるはず」
 犬飼いは、犬に命じました。
「早く、あの天女の羽衣を探し出せ」

 さて、しばらくして天女が池からあがってきましたが、どうした事か大切な羽衣がどこにも見当たりません。
 犬飼いが、羽衣を隠してしまったからです。
 羽衣がなければ、天女は天へ戻れません。
「どうしよう・・・」
 天女が困っていると、犬飼いが現れて言いました。
「お困りの様だが、どうしました?」
「はい、実は・・・」
 天女が事情を話すと、犬飼いが言いました。
「それなら羽衣が見つかるまで、わしの家にいればいい」
 こうなれば、仕方ありません。
 行くところのない天女は、犬飼いの家に行きました。
 そして、犬飼いのお嫁さんになったのです。

 二人が仲良く暮らして、数年がたちました。
 ところがある日、嫁になった天女が隠してあった羽衣を見つけてしまったのです。
「ひどい! あんまりだわ!」
 天女はすぐに羽衣を身につけると、空高く舞い上がって行きました。
 それに気づいた犬飼いは、
「待っておくれ! 行かないでおくれ!」
と、声を張り上げましたが、天女はそのまま空の向こうへ消えてしまいました。

 お嫁さんの天女がいなくなってから、犬飼いは毎日毎日、天女の事を考えていました。
「どうすれば、妻を連れ戻せるだろうか? どうすれば・・・」
 そこで犬飼いは、占い師のおばあさんのところへ相談に行きました。
 すると占い師は、こう言いました。
「連れ戻す事は出来ないよ。だが、お前の方から訪ねて行けばいい」
「訪ねて行けと言っても、どうやって天に行けば良いのだ?」
「それは簡単さ。
 天女の所へ行くには、一晩で百足のわらじを作れば良い。
 その百足のわらじを土に埋めて、その上にヘチマの種をまいてごらん」
 それを聞いた犬飼いは、さっそく家に帰るとわらじを作り始めました。
(妻よ、待っていろよ。必ず迎えに行くからな)
 百足のわらじを作る事は、とても大変な事です。
 犬飼いは休む事なく、わらじを作り続けました。
 でも夜が明けた時には、九十九足しか出来上がっていませんでした。
「九十九足しかないが、百足とは、あまり変わるまい」
 そして占い師の言葉通りに、わらじを土に埋めてヘチマの種をまくとどうでしょう。
 ヘチマのつるがドンドンドンドン伸びて、今にも天に届きそうになりました。
「よし、お前も付いて来い」
 犬飼いは犬と一緒に、ヘチマのつるを登って行きました。
「もう少しだ。もう少しで妻に会えるぞ」
 けれど、もう少しで天に届くところで、ヘチマのつるは伸びるのを止めてしまったのです。
「何という事だ。わらじが一足、たりないばかりに!」
 犬飼いがくやしがっていると、後から付いて来た犬が犬飼いの頭をピョンと飛び越えて、天へ飛び上がったのです。
 そして犬は、犬飼いにお尻を向けると、
「それ、だんなさま」
と、長い尻尾をたらしてくれました。
「ありがたい」
 犬飼いは犬の尻尾をつかむと、何とか天にたどり着きました。

 その後、犬飼いは彦星に、お嫁さんの天女は織姫になったという事です。

おしまい

 日本の有名な七夕祭り

・仙台の七夕祭
 商店会など、観光、商業とむすびついた豪華な七夕祭は、夏になると日本各地で開かれますが、なかでも宮城県仙台市の七夕祭は、青森ねぶた秋田竿灯とともに東北三大祭りのひとつとして全国にその名が知られています。

仙台の七夕祭りの写真
仙台の七夕祭り

たなばたのおりがみをつくろう おりがみくらぶより
おりがみくらぶ 福娘童話集りんく

他の記念日

 川の日
 建設省(現在の国土交通省)が、近代河川制度100周年にあたる1996(平成8)年に制定。
 七夕伝説の「天の川」のイメージがあり、7月は「河川愛護月間」であることから。

 → 国土交通省河川局

 竹・たけのこの日
 全日本竹産業連合会が1986(昭和61)年に制定。
 日本缶詰協会等の産物関係者の話し合いの席上で「竹取物語のかぐや姫が竹の中から生まれた日は7月7日ではないか」という話になり、この日に決定されました。

 → 全日本竹産業連合会

 乾麺デー
 全国乾麺協同組合連合会が1982(昭和57)年に制定。
 七夕の日に、素麺を天の川にみたてて食べる風習があったことから。

 → 全国乾麺協同組合連合会

 ギフトの日
 全日本ギフト用品協会が1987(昭和62)年に、同協会が社団法人化されたことを記念して制定。
 七夕は牽牛と織女が年に一度出会う日ということから。

 → 全日本ギフト用品協会

 カルピスの日
 1919(大正8)年、ラクトー(現在のカルピス)が乳酸菌飲料のカルピスを発売しました。

 → カルピス

 スリーセブンデー
 日本遊技機工業組合が1995(平成7)年に制定。
 主に、パチンコやパチスロの当たり目であることから。

 → 日本遊技機工業組合

 ポニーテールの日
 日本ポニーテール協会が1995(平成7)年に制定。
 7月7日が「七夕」「ゆかたの日」であり、織姫がポニーテールであることと、ポニーテールが浴衣に似合うこと等から。

 ゆかたの日
 日本ゆかた連合会が1981(昭和56)年に制定。
 七夕の日、女の子は色の附いた糸を結び、7本の針と瓜を供え、裁縫の上達を祈り、衣類に感謝していたという中国の故事に因んで。
 若い人たちにも、ゆかたの美しさを見直し親しんでもらうきっかけにしてもらおうという狙いもあります。

 冷やし中華の日
 この日が二十四節気の「小暑」となることが多く、夏らしい暑さが始る頃であることから。

 ラブ・スターズ・デー
 銀座と有楽町のデパート7店が1988(昭和63)年に、七夕の日を「ラブ・スターズ・デー」と命名して共同宣伝をしました。

 サマーラバーズデー
 新宿地区のデパートが1990(平成2)年に制定。
 七夕に因んで意中の人にプレゼントをする日。

 サマーバレンタインデー
 サマーバレンタイン実行委員会が1986(昭和61)年に制定。

 香りの日
 全国化粧品小売協同組合連合会中部ブロックが1991(平成3)年に制定。
 七夕に因んで「化粧品を買ってプレゼントしよう」と販売促進の為に提唱しました。

前のページへ戻る

今日は何の日
ミニカレンダー

<<  7月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31    
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識