不思議の国のアリスアリスインワンダーランド 公開記念 不思議の国のアリス 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ふしぎの国のアリス
福娘童話集メニュー

福娘童話集


アリスインワンダーランド
 公式ページ


広 告
 


第 4話  

不思議の国のアリス
イラスト 「夢宮 愛」  運営サイト 「夢見る小さな部屋」 「ココナラ

イート ミー 《eat me》

♪ろうどく さいせい
朗読 薮崎あずみ  ★☆愛と自由で世界を回せ☆★

 小さなドアへ向かったアリスですが、ドアのところまで行った時、あの小さな金のカギを忘れてきたのに気がつきました。
 そこでカギを取りにテーブルへ戻ったのですが、小さくなったアリスではテーブルの上に手が届きません。
 ガラスのテーブルなのでカギは下からでもよく見えるのですが、ガラスのテーブルはつるつるすべって、よじ登ろうとしてもだめでした。
「だめだわ。どうしても登れない」
 アリスは悲しくなりましたが、ここで泣くようなアリスではありません。
「今は泣いていても、何の役にも立たないわ。
 それより、どこかに何かないかしら?
 ・・・あら?」
 アリスはテーブルの下に、小さなガラスの箱があるのに気がつきました。
「さっきまでなかったのに。・・・まあ、いいか」
 開けてみると、中には小さなクッキーが入っていました。
 小さなクッキーには小さな小さな干しぶどうで、《eat me》と書いてあります。
「《eat me》。『わたしをお食べなさい』か。
 食べると、どうなるのかしら?
 今度は、大きくなるのかしら?
 それとも、もっと小さくなるのかしら?
 ・・・まあいいわ。
 食べて大きくなれば、テーブルのカギに手が届くし。
 もっと小さくなれば、あのドアの下からもぐり込めるわ」
 干しぶどうはちょっと苦手ですが、アリスはがまんしてクッキーを食べました。
 すると今度は、アリスの体がどんどん大きくなっていったのです。
 もとの身長を通りこして、アリスはまだまだ大きくなります。
「あれあれ?
 今度は世界一大きな望遠鏡みたいに、あたしが伸びていくわ。
 足も、どんどん離れていく。
 あたしの足さん、さようなら」
 アリスが自分の足にさよならを言った時、ようやく大きくなるのが止まりました。
「よかった。足にはもう会えないかと思った」
 アリスはテーブルの上の金のカギを取ると、急いでドアのところへ行きました。
 でも今のアリスは、3メートルをこえる大女です。
 体が大きすぎてドアを通りぬけるどころか、横に寝ころんで片目でお庭をのぞくのがやっとです。
 アリスは座り込むと、また悲しくなって涙を一粒こぼしました。

おわり

続きは第5話、「涙の池」

前のページへ戻る

不思議の国のアリス

赤いベストのウサギ

ウサギの穴での一人言

ドリンク ミー 《drink me》

イート ミー 《eat me》

涙の池

ネズミはネコが大きらい

白ウサギの家

火をつけろ

水キセルの毛虫

ヘビになったアリス?

チェシャネコ

気ちがいのお茶会

♪バラの花を、赤くぬろうよ

ハートの女王

クロッケー遊び

娘の首をはねておしまい!

裁判

証人

アリスのはんげき

現実の世界へ

福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識