不思議の国のアリスアリスインワンダーランド 公開記念 不思議の国のアリス 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ふしぎの国のアリス
福娘童話集メニュー

福娘童話集


アリスインワンダーランド
 公式ページ


広 告
 


第 15話  

不思議の国のアリス
イラスト 「夢宮 愛」  運営サイト 「夢見る小さな部屋」 「ココナラ

クロッケー遊び

 兵士たちが帰ってくると、女王は兵士に聞きました。
「あの者どもの、首は切ったかい?」
 首を切っていないと言うと今度は自分たちの首が切られるので、三人の兵士は女王にうそを言いました。
「はい。もうあいつらには、首はございません」
「よろしい。ところでお前、クロッケー遊びが出来るか?」
 クロッケー遊びとは、フランスで始まりイギリスで発展した木づちでボールを打つ遊びです。
 兵士たちはだまって、アリスの顔を見ました。
 女王は、アリスに聞いたからです。
「はい。やったことはありませんが、ルールは知っています」
「それなら、ついておいで」
 言われたアリスは、女王の行列にくわわって歩きました。
 広場につくと、女王がカミナリみたいな声で怒鳴りました。
「みんな、位置につけ!」
 するとトランプたちがかけ出して、ぶつかりあいながら四方八方にちっていきました。
 そしてみんな位置につくと、ゲームがはじまりました。
「こんなおかしなクロッケー、始めて見たわ」
 アリスは女王に聞こえないように、小さな声で言いました。
 何しろ広場は平らではなくでこぼこで、ボールは生きたハリネズミ、そしてボールを打つ木づちは生きたベニヅルだったのです。
 女王が最初に、ボールのハリネズミを打ちました。
 女王はクロッケーが下手で、ハリネズミのボールはとんでもない方向へ転がっていきましたが、ゲートの代りをしているトランプたちが急いで動いて、ハリネズミのボールを自分たちの体で作ったゲートに通しました。
「ほれ見なさい。わたしの腕前を」
 ゲートがボールに合わせて動くなんて完全にインチキですが、女王は満足そうです。
「では次、お前の番だよ」
「はい。女王さま」
 アリスはベニヅルを小わきに抱えると、ハリネズミのボールを打とうとしました。
 するとベニヅルがくにゃりと体を曲げたので、アリスは空振りです。
 それをみて、女王もトランプたちも大笑い。
「もう、ベニヅルさん。ちょっとの間、じっとしていてよ」
 アリスはベニヅルの首を真っ直ぐに伸ばすと、その頭でハリネズミを打とうとしました。
 すると今度はハリネズミが丸めた体を伸ばして、とことこと走っていったのです。
 おかげでアリスは、またしても空振りです。
「ああん、もう。ベニヅルさんもハリネズミさんも、じっとしていてよ」
 アリスはベニヅルとハリネズミに注意をすると、三度目の正直でハリネズミのボールを打つことが出来ました。
 ハリネズミのボールはまっすぐ転がって、トランプたちのゲートをくぐろうとします。
「やったわ!」
 でもゲートをくぐる寸前にトランプたちが立ち上がって、別の場所に移動してしまいました。
「あらあら、お前はクロッケー遊びが下手だね。いいかい、わたしが手本を見せるから、よく見ているんだよ」
 女王はそう言って、大きな空振りをしました。
 でもハリネズミは自分から転がっていき、トランプたちのゲートをくぐります。
 これではアリスが、勝てるはずはありません。

おわり

続きは第16話、「娘の首をはねておしまい!」

前のページへ戻る

不思議の国のアリス

赤いベストのウサギ

ウサギの穴での一人言

ドリンク ミー 《drink me》

イート ミー 《eat me》

涙の池

ネズミはネコが大きらい

白ウサギの家

火をつけろ

水キセルの毛虫

ヘビになったアリス?

チェシャネコ

気ちがいのお茶会

♪バラの花を、赤くぬろうよ

ハートの女王

クロッケー遊び

娘の首をはねておしまい!

裁判

証人

アリスのはんげき

現実の世界へ

福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識