不思議の国のアリスアリスインワンダーランド 公開記念 不思議の国のアリス 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ふしぎの国のアリス
福娘童話集メニュー

福娘童話集


アリスインワンダーランド
 公式ページ


広 告
 


第 18話  

不思議の国のアリス
イラスト 「夢宮 愛」  運営サイト 「夢見る小さな部屋」 「ココナラ

証人

 白ウサギはトランペットを3回吹き鳴らすと、大きな声で言いました。
「証人、前に出なさい」
 現れた証人は、ぼうし屋でした。
 ぼうし屋は片手にお茶の茶わん、片手にバターをぬったパンを持って入ってきました。
「王さま、こんなかっこうを、どうかおゆるしください。じつは呼びにこられましたとき、まだお茶をすましていなかったものですから」
 王さまは、ぼうし屋に命じました。
「そのぼうしを、ぬげ」
 するとぼうし屋が、王さまに言いました。
「これは、わたくしのではございません」
「では、誰のぼうしだ?」
「わたくしは、売るためにぼうしを持っておるのでございます。自分の物は、一つもありません。わたくしは、ぼうし屋でございます」
 ぼうし屋は、そう言い訳をしました。
 そんなぼうし屋を、女王がメガネをかけてにらみつけました。
 ぼうし屋はまっ青になって、そわそわしました。
「とにかく、この娘が有罪である証拠をあげるんだ。インチキ勝負をして、わたしを困らせたとね。さもないと、お前の首をはねてしまうよ」
 証拠をあげろと言われても、クロッケー遊びの時にぼうし屋はいなかったので、証拠をあげる事は出来ません。
 困ったぼうし屋はおろおろして、バターをぬったパンではなくて、お茶わんの方をパクリとかぶりつきました。
 そのときアリスは、体がムズムズするのを感じました。
 この世界に来て、何度も経験した感じです。
「体が、また大きくなるの? 何も食べていないのに?」
 ぼうし屋は、くつがぬげてしまうほど、ガタガタとふるえ出しました。
「さあ、証拠をあげるんだ」
 王さまも、ぼうし屋に怒鳴りました。
「さもないと、お前を死刑にしてしまうぞ」
「わたくしは、あわれなものでございます」
 ぼうし屋は、泣き出しそうな声で言いました。
 それを見ていたアリスは、ぼうし屋がかわいそうになって言いました。
「もう、ぼうし屋さんが困っているわ! だいたいこんなばかばかしい裁判なんて、続けるだけ無駄よ!」
 そしてアリスは、机を両手で叩きました。
 いえ、叩こうとしたのですが、机が小さくて叩けませんでした。
「机が小さくなったわ。・・・いいえ、あたしが大きくなったのよ」

おわり

続きは第19話、「アリスのはんげき」

前のページへ戻る

不思議の国のアリス

赤いベストのウサギ

ウサギの穴での一人言

ドリンク ミー 《drink me》

イート ミー 《eat me》

涙の池

ネズミはネコが大きらい

白ウサギの家

火をつけろ

水キセルの毛虫

ヘビになったアリス?

チェシャネコ

気ちがいのお茶会

♪バラの花を、赤くぬろうよ

ハートの女王

クロッケー遊び

娘の首をはねておしまい!

裁判

証人

アリスのはんげき

現実の世界へ

福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識