不思議の国のアリスアリスインワンダーランド 公開記念 不思議の国のアリス 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ふしぎの国のアリス
福娘童話集メニュー

福娘童話集


アリスインワンダーランド
 公式ページ


広 告
 


第 19話  

不思議の国のアリス
イラスト 「夢宮 愛」  運営サイト 「夢見る小さな部屋」 「ココナラ

アリスのはんげき

 ぐんぐん大きくなったアリスを見て、王さまも女王さまも白ウサギもびっくりです。
 何しろアリスの体は、ここにいる人たちの何十倍も大きいのですから。
 王さまは法律が書かれてあるノートを広げると、アリスに言いました。
「第四十二条、背の高さ、1キロ以上の者は、すべて法廷を出ること」
「あたしは、1キロなんかありません」
 文句を言うアリスに、王さまが言いました。
「いや、ある。1.5キロはあるぞ」
 女王も、そばから言いました。
「2キロはある」
「とにかく、あたしは出ていきません 。
 それに1キロ以上は法廷を出るなんて、それは本当の規則ではありません。
 王さまがたったいま、かってにつくりだしたものです」
「いや、これはこの国の一番古い規則じゃ」
「あら、一番古いなら、第一条でなければおかしいわ」
 王さまは、あわててノートを閉じました。
「とにかく陪審員、有罪か無罪か決めろ」
「死刑よ。娘の首をはねておしまい!」
 今言ったのは、女王です。
 すっかり大きくなったアリスは、王さまと女王をつまみ上げて言いました。
「なによ。
 有罪だの、首をはねておしまいだの。
 あんたたちなんて、ちっとも怖くないわ。
 いくらいばっても、あんたたちなんか、たかがトランプじゃないの」
「ええい、なまいきな。兵士たち、今すぐ娘の首をはねておしまい!」
 女王の言葉にトランプの兵士たちがおそってきましたが、今のアリスには怖くありません。
 アリスは飛びかかってくるトランプの兵士を、手で簡単にはねのけました。
 その時、アリスの目の前にあの笑った口が現れました。
 チェシャネコです。
 顔だけ姿を現したチェシャネコは、アリスに言いました。
「アリス、そろそろ目を覚ました方がいいよ。お姉さんが困っているからね」
「えっ? お姉さんが?」

おわり

続きは最終話、「現実の世界へ」

前のページへ戻る

不思議の国のアリス

赤いベストのウサギ

ウサギの穴での一人言

ドリンク ミー 《drink me》

イート ミー 《eat me》

涙の池

ネズミはネコが大きらい

白ウサギの家

火をつけろ

水キセルの毛虫

ヘビになったアリス?

チェシャネコ

気ちがいのお茶会

♪バラの花を、赤くぬろうよ

ハートの女王

クロッケー遊び

娘の首をはねておしまい!

裁判

証人

アリスのはんげき

現実の世界へ

福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識