福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     3月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
サンドイッチデー
きょうの誕生花
アネモネ
きょうの誕生日・出来事
1966年 今田耕司 (タレント)
  3月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
牛若丸
きょうの世界昔話
小人とクツ屋
きょうの日本民話
殿さまをおそったネコ
きょうのイソップ童話
ノミとスポーツ選手
きょうの江戸小話
金がかたき
広告
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 3月の日本昔話 > 牛若丸

3月13日の日本の昔話

牛若丸

牛若丸
京都府の民話 → 京都府の情報

 いまから、およそ八百年ほどまえのお話です。
 京都のはずれの山の中に、はげしいふぶきの中をいそぐ母と子のすがたがありました。
 おさない子ども二人と、そして母のむねには、一人の乳飲み子がだかれておりました。
 そのころ、さむらいたちの二大勢力、源氏と平氏は、各地ではげしくたたかい、源氏の総大将、源義朝(みなもとのよしとも)は、ついに平氏の手によってたおされてしまいました。
 義朝のつま、ときわは、まだおさない今若、乙若、そして牛若の三人の子をつれ、なんとか平氏の手のとどかないところへにげようとしたのです。
 でも、とうとう平氏の武士たちに発見されて、平清盛(たいらのきよもり)の前につれだされたのでした。
 清盛は、おさない子が源氏の大将義朝の子であることを知ると、すぐに首をはねるようにと命じました。
 ところが、
「わたしの命はいりませぬ。そのかわり、どうかこの子たちの命だけはお助けくださいませ」
という、ときわのひっしのたのみに、心をうごかされた清盛は、子どもたちの命を助けることにしました。
 そのかわり、七さいの今若、五さいの乙若はすぐに寺へ、そして牛若も、七さいになったらかならず寺ヘ入れるよう、母のときわにやくそくさせたのでした。
 年月はまたたくまにすぎ、やがて清盛とのやくそくをはたさねばならないときがきました。
「牛若、そなたはもう七さい。寺に入って、りっぱなお坊さまにならなければなりませぬ」
「お母さま!」
 こうして、七さいになったばかりの牛若は、やさしい母にわかれをつげなければならなかったのです。
「さびしいときは、お父さまが大切にしていた、このよこぶえをふきなさい」
 牛若丸があずけられた寺は、くらまの山の中、うっそうとしげる木立の中にある、くらま寺でした。
 牛若丸のきびしい修行生活がはじまりました。
 あるとき、牛若丸が一人で勉強していますと、どこからか、牛若丸をよぶ声がします。
「わかさま、わかさま」
「わたしをよぶのは、だれじゃ?」
 牛若丸がキョロキョロとあたりを見まわすと、見知らぬぼうずがすわっていました。
「わかさま、お目にかかれてうれしゅうございます。わたしは鎌田正近(かまたまさちか)と申す旅の僧。わかさま、よくお聞きくださいませ。あなたさまは、平氏にほろぼされた源氏の総大将、源義朝公(みなもとのよしともこう)のお子さまですぞ!」
「えっ、わたしがっ!」
「そうです、わたしも義朝公におつかえした身、義朝公は清盛の手によってころされたのです。あなたさまは、父ぎみのかたきをうち、おごる平家をこらしめなければなりません。そして、源氏一門をたてなおさなければなりませんぞ!」
 なにもかも、はじめて聞く話でした。
 牛若丸は、山の中へ走りこんで、一人でなみだを流しました。
 それは、おさない牛若丸がせおいこむには、あまりにも重い運命でした。
 そんな牛若丸を見ている、一人のテング(→詳細)がいました。
 そのテングは、ヒラリと高い木からとびおりると、牛若丸のそばに立ちました。
「立て、小僧! 男の子がいつまでないておる。さあ、わしについてこい」
 いうが早いか、テングはあっというまにすがたをけしてしまいました。
「あれ、どこいっちまったんだろう?」
 見ると、そばの木に太刀(たち)がたてかけてあります。
「よし、テングのやつ、これでとっちめてやる」
 太刀を持って木立の中をすすむ牛若丸の頭を、コツンとだれかがたたきました。
「いたい。だれだ!」
 頭をかかえてふりむくと、またも、コツン。
 また、コツン。
「わっはっはっは。小憎、それでは太刀があってもなんにもなりはせんぞ。それそれ、ぐずぐずしておると、またやられるぞ」
 牛若丸は、あわてて太刀をひろい、こんどはしっかり目をすえて、身がまえました。
 なにやらみょうなかげが、あっちへこっちへとびかいます。
 よく見ると、たくさんのカラステングが、グルッと牛若丸のまわりをとりかこんでいました。
「な、なにものっ!」
 テングたちは、牛若丸におそいかかります。
 負けてはならじと、太刀をふりまわす牛若丸。
 でも、あちらこちら、めったやたらなぐられてしまいました。
 これではならじと牛若丸は、昼なお暗いくらまの山中で、もくもくと剣の修行にはげんだのです。
「それっ! 右だ! 左だ! 走れ! とべ! まわれ!」
 テングのしどうで、牛若丸の剣のうではみるみるじょうたつしました。
 それから何日かすぎた、ある月のかがやくばん。
「きえ〜っ!」
 するどく切りこんできた、カラステングの太刀を、牛若丸は、ハッと打ちとめると、かえす刀ではげしくテングに打ちこんだのです。
「やった! やった! とうとうテングをたおしたぞ!」
 牛若丸の剣のうでは、とうとうテングをたおすまでになりました。
 その日いらい、もう牛若丸にかなうテングは一人もいなくなりました。
 そんなある日、テングが牛若丸にこういうのです。
「わかさま、わたしどもがお教えすることは、もうなにもありません。このうえは、りっぱなおさむらいになられますよう」
 そのテングたちも、源氏のことを思う義朝の家臣だったのでしょう。
 くらま山で剣をならった牛若丸は、十五の年に、くらま寺からそっとすがたをけしたということです。
 さて、ところかわってこちらは京都。
 そのころ都では、夜な夜な、怪僧弁慶(かいそうべんけい)なる者がすがたをあらわし、通行人の刀をうばっては、これを一千本集める祈願(きがん)をたてているといううわさで、おそれられていました。
 そして今夜が、その一千本めの日でありました。
 ここは、五条大橋。
 どこからともなく聞こえてくる、すんだふえの音。
 ふえをふいているのは、あの牛若丸でした。
「なんじゃ、子どもか。子どもに用はないわい」
と、いった弁慶でしたが、牛若丸のこしにさした太刀を見たとたん、
「うむ、みごとな太刀じゃあ。この太刀なら、一千本めにふさわしい」
と、なぎなたを高くかかげ、牛若丸の前に立ちはだかりました。
「やいやい、その太刀、おいていけ!」
 ところが牛若丸は、弁慶のそばをスルリと通りぬけていきます。
「ぬぬ、よし、わしのなぎなたを受けてみよ、それ!」
 弁慶は、なぎなたをふりまわしますが、牛若丸は、ヒラリヒラリとかわしてしまいます。
 ここと思えばあちら、あちらと思えばそちら。
 牛若丸は、ヒョイととびあがりながら、手に持ったおうぎを投げました。
 おうぎは弁慶のひたいにあたり、弁慶はひっくりかえってしまったのです。
「ま、まいりました!」
 さしもの弁慶も、ガックリひざをついてあやまりました。
 弁慶は、このときから牛若丸の家来となって、いつまでも牛若丸につかえました。
 牛若丸は、のちに源九郎義経(げんくろうよしつね)となのって、兄の頼朝(よりとも)と力をあわせ、ついには壇ノ浦の戦いで、平氏をたおすことができたのです。

おしまい

前のページへ戻る


きょうの日本昔話
ミニカレンダー
<<  3月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識