福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     3月11日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
パンダ発見の日
きょうの誕生花
ゆきやなぎ
きょうの誕生日・出来事
1938年 梅宮辰夫 (俳優)
  3月11日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネコに教わった剣の道
きょうの世界昔話
七つの星
きょうの日本民話
草葉のかげ
きょうのイソップ童話
子ジカと母ジカ
きょうの江戸小話
水中の小判
広告
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 3月の江戸小話 > 水中の小判

3月11日の小話

水中の小判

水中の小判

 大阪の商人が、江戸ヘむかう船にのっておりました。
 ところが、この商人。
 うっかりして、百両(七百万円ほど)の小判を、海へおとしてしまいました。
 さあ、たいへん。
 百両といえば大金です。
 船は、すぐとまりました。
 とまりはしましたが、さて、どうしたらよいかわかりません。
 船の中は、大さわぎです。
 すると、ひとりの男が、
「もし、もし。わたしは、長崎のものですが、よい物を船にのせております。いま、出してしんぜましょう」
と、大きな荷物をほどいて、ビードロ(ガラス)のつぼを、取り出しました。
 このつぼの中へ商人を入れ、長いつなをつけて海の中ヘおろそうというのです。
 さっそく、長いつなをつけて、みんなで、しっかり持ちました。
「そーれ。しずかに、おろせ」
 つぼは、そろりそろりと、海の中ヘしずんでいきます。
「どうじゃ?」
「小判は、見えるか? 見えんか?」
 船の上から、口ぐちに、たずねますと、
「見えるわ、見えるわ。たしかに、見える」
 海の底から、ヘんじがあがってきました。
 みんなが、ほっとしていますと、海の底から、
「たしかに、小判が百両、見えておる。だが、取ろうにも、手が出されん」

おしまい

前のページへ戻る


きょうの江戸小話
ミニカレンダー
<<  3月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識