福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     8月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
タクシーの日
きょうの誕生花
向日葵(ひまわり)
きょうの誕生日・出来事
1981年 柴咲コウ(俳優)
  8月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネズミの名作
きょうの世界昔話
トルント山のトロール
きょうの日本民話
スズメになった若者
きょうのイソップ童話
オオカミとヒツジ
きょうの江戸小話
へ、一つでぜんめつ
きょうの百物語
お豊虫(とよむし)
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 8月の江戸小話 > へ、一つでぜんめつ

8月5日の小話

へ、一つでぜんめつ

へ、一つでぜんめつ

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 むかしむかし、ある村に、へっぺり娘と言われて、よくへをする娘がおりました。
「こんな娘は、一生、お嫁にゆけまい」
と、親たちは心配していました。
 ところがどうした事か、村の長者(ちょうじゃ)から一人息子の嫁にほしいと言ってきたのです。
 そしていよいよ娘が長者のところへ嫁に行くという時、母親は、
「嫁に行ったら、よくよく『へ』には気をつけるんだよ」
と、言ってきかせました。
 お嫁さんになった娘は四、五日の間は、じっと『へ』をがまんしていましたが、そのうちにどうしてもがまんが出来なくなり、家族みんなのいる前で、
 ブーーッ!
と、やってしまったのです。

 その晩、娘は恥ずかしさのあまり、池に身を投げて死んでしまいました。
 それを知ったお婿(むこ)さんは、
「あんないい嫁を『へ』一つくらいで殺してしまうとは、なんとも申し訳ない」
と、これもお嫁さんのあとをおって、池に飛び込んで死んでしまいました。
 これを知った長者夫婦も、
「一人息子に死なれては、もう生きているかいもない」
と、同じ池に二人一緒に飛び込んでしまいました。
 そして、
「あの長者どんがいなくては、この貧しい村はとうていやっていけない」
と、村の人たちが次々と池に身を投げたため、とうとう村はぜんめつしてしまいました。

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


きょうの江戸小話
ミニカレンダー
<<  8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識