福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     8月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
健康ハートの日
きょうの誕生花
合歓木(ねむのき)
きょうの誕生日・出来事
1984年 速水もこみち(俳優)
  8月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
彦一のウナギつり
きょうの世界昔話
アブラハムとイサク
きょうの日本民話
手なし嫁
きょうのイソップ童話
年を取ったライオンとキツネ
きょうの江戸小話
五両と五分
きょうの百物語
お岩のたたり
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 8月の江戸小話 > 五両と五分

8月10日の小話

五両と五分

五両と五分

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 町内の若者たちが集まって、お祭りの出し物に芝居(しばい)をやろうと決めました。
 そこで一番年上の男が、一番年下の男に芝居の役を書いた紙を渡して言いました。
「おい、三太(さんた)。お前、ひとっ走り呉服屋(ごふくや→服屋)まで行ってこい。そしてこれだけの衣装がいくらで出来るか、聞いてこい」
「おいきた」
 三太は紙をにぎると、呉服屋までかけていきました。
 三太から話を聞いた呉服屋の番頭(ばんとう→従業員のリーダー)は、紙に書いた役を読み上げながら、パチパチとそろばんをはじいて言いました。
「へえ、しめて、五両と五分(四十万円ほど)になります」
「五両と五分か」
 三太は金額を忘れると困るので、番頭に言いました。
「あの、五両と五分を紙に書いてください」
 すると番頭は、十本の指を出して言います。
「いやいや。紙に書くほどの事はない。こうしてこっちの指を一本一両と考えて、五本曲げると五両。こっちの指を一本一分と考えて、五本曲げると五分。両手を合わせると、ほれ、五両と五分。これなら忘れないだろう」
「なるほど。これは簡単だ」
 三太は両手をにぎったまま、表へ出ると、
「こっちの指が五両。こっちの指が五分。両手を合わせて、五両と五分」
と、つぶやきながら歩いていました。
 しかししばらくすると、三太は呉服屋に戻ってきて言いました。
「あのう、番頭さん。どうか二分か三分、まけてください」
「まあ、いいですが。それにしても、どうしたわけで?」
 すると三太は、二つのこぶしを突き出して言いました。
「これでは帰っても、戸が開けられません」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


きょうの江戸小話
ミニカレンダー
<<  8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識