福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     5月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
こどもの日
きょうの誕生花
おじぎそう
きょうの誕生日・出来事
1968年 渡部篤郎 (俳優)
  5月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ちゃくりかき
きょうの世界昔話
スーホーの白いウマ
きょうの日本民話
食わず女房
きょうのイソップ童話
カエルの医者とキツネ
きょうの江戸小話
かしわの木
広告
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 5月の日本民話 > 食わず女房

5月5日の日本民話

食わず女房

食わず女房
群馬県の民話群馬県情報

♪音声配信
スタヂオせんむ

 むかしむかし、あるところに、とてもけちな男が住んでいて、いつもこう言っていました。
「ああ、仕事は良くするが、ご飯んを食べない嫁さんが欲しいなあ」
 そんな人がいるはずないのですが、ある時、一人の女が男の家を訪ねて来て、
「わたしはごはんを食べずに、仕事ばかりする女です。どうか、嫁にしてくださいな」
と、言うではありませんか。
 それを聞いた男は大喜びで、女を嫁にしました。

 男の嫁になった女は、とても良く働きます。
 そしてご飯を、全く食べようとしません。
「ご飯は食べないし、良く仕事をするし、本当にいい嫁じゃ」

 ところがある日、男は家の米俵(こめだわら)が少なくなっているのに気がつきました。
「おや? おかしいな。嫁はご飯んを食べないはずだし」
 とりあえず男は、嫁に聞いてみましたが、
「いいえ。わたしは知りませんよ」
と、言うのです。
 あんまり変なので、次の朝、男は仕事に行くふりをして、家の天井に隠れて見張っていました。
 すると嫁は倉(くら)から米を一俵かついで来て、どこからか持って来た大きなカマで一度にご飯を炊きあげました。
 そして塩を一升(いっしょう→1.8リットル)用意すると、おにぎりを次々と作って山の様に積み上げたのです。
(何じゃ? お祭りじゃあるまいし、あんなにたくさんのおにぎりを作って、どうするつもりだ?)
 男が不思議そうに見ていると、嫁は頭の髪の毛をほぐし始め、頭のてっぺんの髪の毛をかきわけました。
 すると頭のてっぺんがザックリと割れて、大きな口が開いたのです。
 嫁はその口へ、おにぎりをポイポイポイポイと投げ込んで、米一俵分のおにぎりを全部食べてしまいました。
(あわわわわ。おらの嫁は、化物だ!)
 怖くなった男はブルブルと震えましたが、嫁に気づかれない様に天井から降りると、仕事から帰った様な顔をして家の戸を叩きました。
「おい。今、帰ったぞ」
 すると嫁は、急いで髪の毛をたばねて頭の口を隠すと、
「あら、おかえりなさい」
と、笑顔で男を出迎えました。
「・・・・・・」
 男はしばらく無言でしたが、やがて決心して言いました。
「嫁よ。
 実は今日、山に行ったら山の神さまからお告げがあってな、
『お前の嫁はええ嫁だが、家に置いておくととんでもない事になる。はやく家から追い出せ!』
と、言うんじゃ。
 だからすまないけど、出て行ってくれんか?」
 それを聞いた嫁は、あっさりと言いました。
「はい。
 出て行けと言うのなら、出て行きます。
 でもおみやげに、風呂おけとなわをもらいたいのです」
「おお、そんな物でいいのなら、すぐに用意しよう」
 男が言われた物を用意すると、嫁さんが言いました。
「すみませんが、この風呂おけの底に穴が開いていないか、見てもらえませんか?」
「よしよし、見てやろう」
 男が風呂おけの中に入ると、嫁は風呂おけになわをかけて男を入れたままかつぎ上げました。
 ビックリした男が嫁の顔を見てみると、嫁は何と鬼婆(おにばば)に変わっていたのです。
 鬼婆は男を風呂おけごとかついだまま、馬よりもはやくかけ出して山へと入って行きました。
(こ、このままじゃあ、殺される! じゃが、どうしたらいい?)
 男はどうやって逃げようかと考えていると、鬼婆が木によりかかって一休みしたのです。
(今じゃ!)
 男はその木の枝につかまって、何とか逃げ出す事が出来ました。

 さて、そうとは知らない鬼婆はまたすぐにかけ出して、鬼たちが住む村へ到着しました。
 そして大きな声で、仲間を集めます。
「みんな来ーい! うまそうな人間を持って来たぞー!」
 仲間の鬼が大勢集まって来ましたが、風呂おけの中をのぞいて見ると中は空っぽです。
「さては、途中で逃げよったな!」
 怒った鬼婆は山道を引き返し、すぐに男を見つけました。
「こら待てー!」
「いやじゃ! 助けてくれー!」
 鬼婆の手が男の首にかかる寸前、男は草むらへ飛び込みました。
 すると鬼婆は男の飛び込んだ草むらが怖いらしくて、草むらの中に入ってこようとはしません。
 男はブルブル震えながら、一生懸命に念仏をとなえます。
「なまんだぶー、なまんだぶー」
 鬼婆は草むらのまわりをウロウロしていましたが、やがてあきらめて帰って行きました。
「た、助かった。・・・しかし、何で助かったのじゃろう?」

 実は男の飛び込んだ草むらには、菖蒲(しょうぶ→サトイモ科の多年生草本で、葉は剣状で80センチほど)がいっぱい生えていたのです。
 鬼婆は菖蒲の葉がに見えて、入ってこれなかったのです。

 その日がちょうど五月五日だったので、今でも五月五日の節句には魔除(まよ)けとして、屋根へ菖蒲をさすところがあるのです。

おしまい

前のページへ戻る


きょうの日本民話
ミニカレンダー
<<  5月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識