福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     6月 1日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
スーパーマンの日
きょうの誕生花
てんなんしょう
きょうの誕生日・出来事
1955年 千代の富士貢(相撲)
  6月 1日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
金太郎
きょうの世界昔話
コルニーユじいさんの秘密
きょうの日本民話
なわ
きょうのイソップ童話
やぶ医者
きょうの江戸小話
つかのまの二万両
広告
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 6月の日本民話 > なわ

6月1日の日本民話

なわ

なわ
東京都の民話東京都情報

 むかしむかし、江戸(えど→東京都)に、池城新左衛門(いけしろしんざえもん)という(さむらい)がすんでいました。
 ある晩、友だちをたずねていってのかえり道、新左衛門が、ちょうど墓場(はかば)にさしかかったとき、
「あっ」
と、思わず声をあげました。
 黒い物が、道の上にころがっているのです。
 よく見ると、どうやら人間のようです。
「何者だ?」
 声かけて近よって見ると、それは手も足もなわでしばられた女の人でした。
「このようなところで、なにをいたしておる?」
 女はかすれた声で、苦しそうにこたえました。
「わたくしは、この世の者ではござりませぬ」
「なに、すると死人か?」
「はい、夫を殺した罪(つみ)で、手足をしばられたまま土の中にうめられた者でございます。このようにしばられたままでは、地獄へもまいれませぬ。どうぞ、わたくしのこのなわをほどいてくださりませ」
「・・・・・・」
 思いもよらないたのまれごとに、新左衛門がためらっていると、女はなみだ声で、
「わたくしが毎晩ここに現れて、いくらお願いもうしても、どなたさまも逃げてしまわれます。それでいまだに、なわのままで苦しんでおります。お侍さま、どうぞ、このなわをほどいてくださりませ」
 話しを聞くうちに、新左衛門はこの女の人があわれに思えてきました。
「刑(けい)をすましたからには、そなたに罪はないはずじゃ。そなたの望みをかなえてやろう」
 新左衛門が女の人のなわをほどいてやると、女の人は、
「ありがとうございます。ご恩はけっして忘れませぬ」
と、言って、かき消すように消えてしまいました。
 それから、数年後のこと。
 新左衛門はお家騒動(おいえそうどう→けんりょくあらそい)にまきこまれて、責任を取って手足をなわでしばられたまま、うち首になってしまったのです。
 するとそこへ、どこからともなく女のすがたが現れて、首のない新左衛門の死体のなわをほどくと、そのままスーッと消えてしまったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


きょうの日本民話
ミニカレンダー
<<  6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識