福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     3月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
精霊の日
きょうの誕生花
とさみずき
きょうの誕生日・出来事
1962年 豊川悦司 (俳優)
  3月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
忠犬ハチ公
きょうの世界昔話
キツネとウマ
きょうの日本民話
シラミの質入れ
きょうのイソップ童話
目の見えない人
きょうの江戸小話
かぜのかみおくり
広告
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 3月の日本民話 > シラミの質入れ

3月18日の日本民話

シラミの質入れ

シラミの質入れ
山形県の民話山形県情報

 むかしむかし、米沢(よねざわ→山形県南部の市)の近くの村に佐兵(さへい)と言う、とんちの上手な男がいました。

 貧乏な佐兵の着ている着物はボロボロで、その着物には、いつもシラミがたかっています。
 ある日、お金が必要になった佐兵は、家の中で一番上等な着物を質屋(しちや)へ持って行きました。
 すると、質屋の番頭(ばんとう)が、
「おい、佐兵よ。お前の着物には、シラミがいっぱいたかっているぞ」
「うん。確かにたかっているな。だが、お前さんの店では、《何でもお受けします》と書いてあるぞ」
「まあ、それはそうだが」
「そうだろう。それじゃあ着物と一緒にシラミも預かったと、ちゃんと質札(しちふだ→預かった事を示す紙)に書いてくれよ」
「シラミをか? まあいいが、それでシラミの数は?」
「そうだな。五升(→約9リットル)のシラミを預かったと書いてくれ」
「へいへい」
 番頭がその通りに書いて渡すと、佐兵はニヤリと笑って帰りました。

 そして数日後、佐兵はお金を持って着物を引き取りに来ました。
 着物を受け取った佐兵は、質札を取り出すと番頭に言いました。
「確かに着物は受け取ったが、でも、返してもらう物がまだ足りないぞ」
「足りないって、何が足りない?」
「五升のシラミだ。質札にちゃんと書いてあるものだろう。だからシラミも返してもらわねえとな」
「へっ?」
 シラミの事など冗談だと思っていたのですが、確かに質札に書いて渡したので、客から返せと言われれば返さなくてはなりません。
 でもシラミを五升なんて、どこを探してもありません。
 番頭は、頭をかきながら、
「まったく、佐兵にはかなわんな」
と、シラミの代わりに酒代を渡して許してもらったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


きょうの日本民話
ミニカレンダー
<<  3月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識