366日への旅> 今日は何の日 366日への旅 記念日編 366日への旅
     5月16日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
旅の日
きょうの誕生花
アリウム(Allium)
きょうの誕生日・出来事
1969年 唐渡亮 (俳優)
恋の誕生日占い
笑顔が魅力的、素直で可愛い
なぞなぞ小学校
坂道にあるお店は?
あこがれの職業紹介
宅配便運転士
恋の魔法とおまじない 137
幸運を呼ぶアイテム
  5月16日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
こぼれる、こぼれる
きょうの世界昔話
世界一美しいバラの花
きょうの日本民話
太郎の横笛
きょうのイソップ童話
占い師
きょうの江戸小話
だくだく
きょうの百物語
人を襲う大ネコ
 


366日への旅> 今日は何の日 > 5月の記念日 >旅の日

5月16日 旅の日

5月16日 旅の日

 1689(元禄2)年3月27日(新暦5月16日)、松尾芭蕉が「奥の細道」への一歩を踏み出した日です。
 せわしない現代生活の中で、「旅の心」を大切にし、旅のあり方を考え直そうと、日本旅のペンクラブ(旅ペン)が1988(昭和63)年に制定しました。
 観光業界の将来など旅について考える活動をしています。

 → 日本旅のペンクラブ


記念日アニメ
旅の日

旅に関する昔話
(オランダの昔話 →国情報)

世界一美しい物
福娘童話集より

ムギの穂 旅

 むかしむかし、オランダの海ぞいに、それはそれはにぎやかな町がありました。
 毎日たくさんの荷物をつんだ船が、出たり入ったりしています。
 お金持の人も、おおぜい住んでいました。
 その中でも一番のお金持は、ある、わかいおくさんでした。
 このおくさんは、ご主人がなくなってからは、一人でくらしていました。
 美しい人でしたが、ただこまったことに、たいへんうぬぼれがつよかったのです。
 おくさんは、たくさんの船を持っていました。
 住んでいる家も、町で一番大きくてりっぱな家でした。
 家のかべには、すばらしい絵がかかっています。
 家中にしいているじゅうたんも、とても上等なものでした。
 食事のときには、金と銀のお皿で食べるのです。
 ある日、おくさんは年とった船長をよんで、
「あなたは、これから世界じゅうをまわってきてください。わたしの船をみんなつれてね。そして、あなたが世界一美しいと思ったもの、世界一とうとい思ったものを持ってきてください。でも、一年したらかならず帰ってきてくださいよ」
と、いいました。
 船長はすぐに、世界一周の旅にでました。
 町の人びとは、それからというもの、
「あの船長は、どんな宝ものを持ってくるだろう?」
と、そればかりはなしあっていました。
 一年がたちました。
 ある日、見はりのものが、
「船が帰ってくるぞー!」
と、さけびました。
 町じゅうの人びとが、船つき場に集まりました。
 わかいおくさんも、むかえにでてきました。
 人びとは、おくさんのために、うやうやしく場所をあけました。
 美しいおくさんの目は、ギラギラとひかっていました。
 船長が、どんな宝ものを持ってきたか、はやく見たくてたまらなかったのです。
 しらが頭の船長は、ボウシを手にして、おくさんの前にすすみでました。
「おくさま、ただいまもどりました」
「あいさつはいいわ。それで、なにを見つけてきてくれましたか?」
「はい。ながいながいあいだ、わたくしは、世界中を旅して、いろいろな宝ものを見ました。しかし、どれもこれも世界一美しいもの、世界一とうといものとは思われませんでした。わたくしは、もうすこしであきらめてしまうところでした」
と、船長はさらに、はなしつづけました。
「ところが、バルト海のある港にはいっていったときのことでございます。穀物(こくもつ)畑が見わたすかぎり、ひろびろとひろがっておりました。ムギの穂(ほ)は、風をうけて波のようにゆれていました。太陽はあたりいちめんに、こがね色の光を投げていました。これを見たとたん、わたくしは穀物(こくもつ)こそ、わたくしたちのまいにちのパンをつくる穀物こそ、世界一美しいもの、世界一とうといものだと思いました。そこで、船いっぱいに小麦をつんでまいりました」
「なんだって!」
 おくさんは、まっかになっておこりました。
「穀物を持ってきたって。バカ! トンマ! そんなことのために、一年も世界を歩きまわったのかい」
 船長は、しずかにこたえました。
「はい。わたくしは一年かかって、ようやく、世界でいちばんたいせつなものは、穀物であることに気がつきました。神さまが、こがね色に波うたせている、あの穀物でございます。あれがなくては、わたくしたちがまいにちたべるパンもつくれません」
「ええい。そんなものは、海にすてておしまい!」
と、おくさんはどなりました。
「それから船長、おまえもいっておしまい。おまえは首にします。おまえの顔なんか、もう二度と見たくない!」
 船長はだまって、どこかへいってしまいました。
 船乗りたちは、穀物を海にすてはじめました。
 そのときとつぜん、やせたしらが頭のおじいさんが、おくさんの前にすすみでました。
 おじいさんは片手をあげて、ひくいけれども、あたりの人にもハッキリと聞こえる声でいいました。
「気をつけなさい。神さまからのいちばんとうといおくりものをすてたりすれば、かならずバチがあたる。よく考えてみなさい。世の中には食べ物がなくて、腹をすかしている貧乏人も、おおぜいいるのだ。お まえさんだって、いつ貧乏になるかもしれない。気をつけなさい」
 美しいおくさんはカラカラと笑って、自分の指から、世にもすばらしい宝石のついた指輪をぬきとりました。
 そしていきなり、それを海の中に投げこんでしまいました。
「ふん! 海はこの指輪を、わたしにかえしてはくれないでしょう。でもわたしは、貧乏にはなりませんよ。さあ、さっさと荷物をすてておしまい」
 こうさけぶと、おくさんは頭を高くあげ、胸をそらせて帰っていきました。
 しばらくして美しいおくさんは、大きなパーティーを開きました。
 そのあたりのお金持の人たちは、のこらず集まってきました。
 宝石はピカピカとかがやき、絹の衣装はキラキラと光りました。
 みんなは、飲んだりたべたり、大さわぎをはじめました。
 そのとき、一人のめしつかいが、大きなお皿をはこんできました。
 お皿には、大きな大きなさかなの丸あげが乗せてありました。
 おくさんはさっそく、さかなを切りはじめました。
 ところが、ひときれ切ったとたん、ビックリして、
「あっ!」
と、さけんだのです。
 みんな、お皿のまわりに集まってきて、さかなを見つめました。
 だれもかれも、あっけにとられて口もきけません。
 さかなのおなかの中には、指輪がキラキラ光っていたのです。
 しばらく前に、おくさんが海の中に投げこんだ、あの指輪だったのです。
 海が指輪を、おくさんにかえしたのです。
 あくる朝、おくさんの船があらしにあって、みんなしずんだという知らせがとどきました。
 でも、これはほんのはじまりで、不幸せなことはつぎからつぎへとつづいて、おくさんはどんどん貧乏になりました。
 こうして、一年がたったときには、わかくて美しくてうぬぼれやのおくさんも、とうとうこじきになってしまったのです。
 おくさんのいた町もさびしくなって、いつのまにかなくなってしまいました。
 穀物の投げこまれた船つき場のあたりは、いまは砂でうまっています。
 もうここには、一そうの船もやってきません。
 一年たつと、そこにムギ畑ができました。
 けれども、この畑のムギの穂は、中がからっぽでした。

おしまい

他の記念日

 性交禁忌の日
 江戸時代、この夜は特に性交禁忌の日とされました。
 禁忌を破ると3年以内に死ぬとまで言われていました。

 ネポムクの聖ヤン・ヨハネの祝祭日
 自己判断・ボヘミア・チェコ・スロバキアの守護聖人。

前のページへ戻る

今日は何の日
ミニカレンダー
<<  5月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31    
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識